新社会人も主婦も学生も誰しもが手を出してはいけないリボルビング払い

お金の話で気をつけるべきという話題の中で必ずでてくるのが、リボルビング払い、なのです。
新社会人で、初めてクレジットカードを持つ場合にも決してリボルビング払い専用のクレジットカードなどは持たないことです。
もし、どうしてもならリボルビング払いの1回の支払い額を限度額と同じ10万円や20万円にしておくことです。
リボルビング払い=破綻。
この現実を覚えておいてほしいのです。

Yahoo!より、
いい借金の条件は?「リボ払い」をよく使う人と結婚するな!
4/11(水) 16:01配信 女性自身
https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20180411-00010011-jisin-soci
記事より、
・「お金で人生を台無しに……」ということにならないよう、家族に肝に銘じてほしい「お金の鉄則」を、山崎さんに教えていただいた
・■頻繁に「リボ払い」をする人とは結婚しない!
「私が大学の授業で学生たちに必ず伝えるのが、この教えです。社会人として生きるうえで大切なことは、時間厳守、挨拶、借金せずに暮らせる、この3つだと私は思います。借金の中でも、何回かに分けて返済する『リボルビング払い』は、多くが15%以上と金利が高く、返済期間が長期にわたる。そのため、なかなか額が減っていかない危険なものです。これに何度も手を出してしまう金銭感覚は、いずれ破綻するでしょう」
NO-revolving.jpg

この記事へのコメント