リボ払いの前に要らないものは買わないという基本を身につけよう

リボ払いは破産の元。
ですが、もともと買物をしなければリボ払いの地獄に落ちることもないのです。
とてもシンプルなこと。
リボ払い機能のあるクレジットカードだとパンクする(利用限度額オーパー)までは、どんどんカードを使って買物をすることができます。
毎月一定の額さえ払えば良いというシンプルな仕組み。
ですが、買物を調子に乗ってのって続けていると、いつかは、パンクするのです。
その買い物、本当に必要なものですか?
これを常に自分自身に問うことで、無駄遣いを控えることができるのです。

Yahoo!より、
「いつか使うから」はNG!不要な節約術を捨てて貯まる体質に
9/26(水) 19:10配信 ESSE-online
https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20180926-00010000-esse-life
記事より、
・貯められない人ほど、ものが多い傾向がある、と飯村さん。
「『いつか使うから』『捨てるのはもったいないから』としまい込んだ結果、その存在を忘れてしまい、同じようなものをまた買ってしまった…という経験はありませんか? 手放してみると、意外と平気なもの。ものが片づくと、お金の大切さを実感し、浪費も減ります」
・「ポイントがたまるから」とクレジットカードを多用するのは本末転倒。料金あと払いのクレジットカードは、「未来の自分」に借金をしているのと同じ。さらにリボ払いは利息が膨れ上がり、多重債務の入り口になるので注意が必要

どうしても、支払いが厳しいとなると手を出してしまうリボ払い。
このリボ払い機能をデフォルトにすることで、手数料を稼ぐ人たちが大勢います。
そうならないためには、できるだけ一括払いで払えう範囲に抑えておくという事がとても大切なのです。

この記事へのコメント