お金を貯めるためにまず止めるべきがリボ払い

貯蓄をしたい人にリボ払いは最悪だ。
絶対にリボ払い、つまり、リボルビング払いに手を染めてはいけない。
仮に、間違えて、よく知らないままリボ払いを設定してしまっていたら、すぐにリボ払いを止めるべく、まず状況把握をすることだ。
一体、今、リボ払いの罠によってどんな状況になっているのかということを確かめる必要がある。
直ぐに返せる額なら迷わず返すこと。
すぐに返せない額になってしまっていたら、まず、リボ払いのクレジットカードの設定を止めること。
そして、次は支出を見直して、リボ払いを使わないでよい生活に改めること。
さらに、溜まってしまったリボ払いによる借金をいかに早く返すかを考えることだ。
早く気づいた人はラッキーだ。
私のように年末に100万円の限度額に達して???と固まってしまったようなことはぜひとも避けたい。
以下のような記事を参考にして、貯蓄できる体になってほしい。
くれぐれも、クレジットカードでデフォルトでリボルビング払いにしないことだ。

Yahoo!より、
楽にがんばる“らくばる“貯金のススメ! 貯蓄体質へチェンジ!! [with]
3/31(土) 11:16配信 講談社 JOSEISHI.NET
https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20180331-00010003-kjn-life
記事よれば、
・9項目のうち、4つ以上当てはまった人は、貧乏体質の可能性
・その一つに、カードのリボルビング払いやボーナス払いを利用することが多い、がある
・「貯蓄できないのは収入が低いせい」と嘆く人もいるけれど、これも大きな誤解
・「私のお客様の中には、ムダな支出を見直したことで、年収300万円でも1年で100万円貯蓄した方がいます。まず、毎月何にどれぐらいのお金を使っているのか、ざっくりと計算しましょう。その上で、次ページからの例を参考にムダな支出がないか考えてみてください」
Prisoner-Saya.jpg

"お金を貯めるためにまず止めるべきがリボ払い"へのコメントを書く

お名前:
メールアドレス:
ホームページアドレス:
コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。